ガンとは何か?

先日、「完全なる治癒」
(著者:クリストファー・ハード)を読んだ。

それは、ガストン・ネサン(1924年生)
が発見した「ソマチッド」について
書かれている本だった。




「ソマチッド」という言葉は、
以前から聞いていたが、
それが何なのかは、よく知らなかった。

幼少時より機械や物のしくみに
深い興味を持っていたガストン・ネサンは、
3万倍の倍率に約150オングストロームという
今までにないレベルまで見られる分解能の
ソマトスコープを発明した。

それにより、自然な状態で微細な生体を
観察することができ、血液内の細胞より
はるかに小さい有機体の「ソマチッド」
を発見することができたのだ。

ソマチッドは、
あらゆる生物の体液の中に存在する。

そんなソマチッドは、DNAの前駆物質、
つまり「生命の基礎」である。

300度程の高温でも、塩酸の中でも死なない。
あらゆる環境にも死なないスゴイ存在。

多形態サイクルを持つソマチッドは、
だけど環境が悪いと、形態を変えて
生き抜こうとする。

ガストン・ネサンは、
ガン患者の血液内のソマチッドは、
健康の人のとは、形態が違うことを
発見したのです。

不健康な人の血液内は、環境が悪いので、
ソマチッドは、形態を進行させることで、
適応しようとする。

それがおこると、免疫システムはダウンし、
有害な細胞が排除されなくなり、
ガン化した腫瘍が増殖するのである。


そこで彼は、変化したソマチッドサイクル
を戻すためのカンファー製剤714-Xをつくり、
ガン患者に投与したところ、

数日~数週間という短期間で、
ガンの症状が緩和し、ガンが消失
してしまうことを発見したのです。


こんな大発見ともいえることですが、
利害と権威を侵害された医学会から
異常なまでの迫害を受け、
長い戦いが始まります。


その様子を読んでいると、迫害され続けても
困っている人を救わずにはいられない
ネサンのような人間がいる一方、

治療や救命よりも、
既得権益や既得特権を守ろうとする
欲深い人間が多く存在することが
本当に悲しく残念に思う。


今の病院でのガン治療法は、
腫瘍化したガン細胞を破壊し、
除去することが主体となる。


その方法としての、三大療法として、
外科手術、放射線治療、化学療法があり、
それらの方法は、健康な細胞も傷つけ、
それを受ける人間にも、
相当なダメージを与える。


巨大化した脳腫瘍などの緊急性が高い場合は、
外科手術により除去できることは、
現代の医学の恩恵だが、

その後のケアや、それ以外の治療法となる
療法は治療を受けると、
強い副作用のために、
免疫システムがどんどん弱ってしまう。

身体がダメージを受け、弱ってしまうような
治療法で、本当に治癒するのか?
疑問を感じてしまいます、、、。


ガストンは、従来の除去する
という方法ではなく、

ガンは「局所化された全身病」という見方で、
全身の免疫システムを復活させ、
身体に治癒させる方法をとっているのです。

健康な人でも、日々ガン細胞は生まれているが
自身の免疫システムにより取り除かれている。
その状態に戻すのです。

ちなみにガストンの作り出した
カンファー製剤714-Xは、
安価で副作用のない安全なものだそう。


一日も早く、ガンと宣告された人達が、
ガストンの発見の恩恵を受けることの
できる世の中になってもらいたい。


ガストン・ネサンに興味を持った方は、
「完全なる治癒」に細かく載ってます。
今は、販売されていないそうなのですが、
ソマチッドの関連サイトもあるようなので、
チェックしてみると面白いですよ。



●●● オステオパシー整体院「Harmony」●●●
・・・Body・Mind・Spirit・Energy の統合と調和を目指します・・・
「池袋」東口(22)出口より徒歩5分…イケフクロウ像がある出口です。
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-3池袋シティハイツ1101
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/
[PR]

by jomaoc | 2009-06-11 23:21 | 健康 | Comments(1)  

Commented by りんご at 2009-06-16 18:56 x
以前、WOWOWドラマでがんの特効薬をめぐる利権の争いや人々の思いを描いた「パンドラ」というドラマがありました。
まさに、それが起こっていたとは。
とても考えさせるドラマでしたよ。

<< 選択医学 インフルエンザ対策しています。 >>