「もっと水を飲もう!」Part3…脱水症状でおこる痛み。

もっと水を飲もう!…Part3脱水症状でおこる痛み。

前々回の「もっと水を飲もう!」
のPart3、今回は、
「脱水症状でおこる痛み」がテーマです。

とっても興味深い 内容です(^-^)





水が足りないと、脱水症状になる。

脱水症状にある人は、
ヒスタミン値が高くなってくる。

ヒスタミンは、
白血球により全身で作りだされる
重要な神経伝達物質で
体内の水量調整をする成分。

ヒスタミンは、
水分の多い場所から
少ない場所へと水を移動させる。

この働きは、脱水症状を起こしている
人には、様々な形で影響を与え、
問題を悪化させる。

例えば、
背中の筋肉の痛みとして、
時には、喘息のような症状として。

ヒスタミン値が高まると
免疫系にも障害がでる。

バトマンヘリッジ博士は、こう述べている。

「脱水症状は、ヒスタミン値を高くし、
 それが長期に渡ると、骨髄において、
 身体の免疫系を抑制しだす。

 免疫系が病気(ガンを含む)を
 改善するために働かなくなる
 理由は、体の乾燥状態が続いて
 いることにあるわけだ。」



自己免疫疾患(リウマチ性関節炎など)
だけではない。
ヒスタミン値が高くなると、
アレルギー徴候が現れるようになる。

病院でおこなう抗ヒスタミン剤による
アレルギー治療も、そういった理由から。

でも、抗ヒスタミン剤は、
ヒスタミン放出を妨害するだけで、
ヒスタミン値が高い理由には
目を向けていない。

ヒスタミンは、身体の水分量を
調整している、
とても大切な神経伝達物質。

だから、長期間、ヒスタミンを
薬の力で抑えるのは、
水分調節機能をも妨害している
ことでもあるので、
あまりよいこととは言えない。

ヒスタミン放出量が多く
なっている理由に
目を向けるべきだと思う。

ヒスタミンは、水分の多い場所から
少ない場所へと水を移動させる
という役割を考えると、

ヒスタミン放出量が多く
なっている理由は、
身体が脱水状態であることに
関係している。


だから、まず、必要な量の水を
飲むことが改善への1歩となる。


こういった様々な理由から、
水が足りないことは、
身体に大きなストレスになる。

適量の塩も、水と同様、
抗ヒスタミン剤になる。


帰ってから、冷たいビールは飲むけど、
水は、なかなか飲めないという方。

たばこを吸ったり、
コーヒーは、一日、何杯も飲んでるけど、
そういえば、水は、飲んでなかったなぁ、、、
と思った人。

今から、水を飲んでみてください。


もしからしたら、
今、抱えてる身体の問題は、
水不足から来ているのかもしれません。


これらの情報は、
「関節痛・リウマチは完治する」
 医博 D・ブラウンスタイン著 中央アート出版
に載ってます。

その中の一章ですが、
とても興味深い内容です。

その中には、こんな臨床例も
載ってました。

①5年間リウマチ性関節炎で悩まされた
 63歳の女性。

彼女は、毎日コップ1杯の水しか
飲んでいなかった。
水分といえば、4杯のコーヒーと
1杯の炭酸飲料くらい。

そんな彼女に、1日10杯の水を飲み、
コーヒーと炭酸飲料をやめるよう
伝えたところ、、、、

10日で身体の変化を感じはじめ、
薬の量を半分に減らすことができ、
薬を使わない日もある程の回復ぶり。


②3年ほど、背中と腰の痛みに
 悩まされていた女性の例。

彼女は、一日中、コーヒーを飲み、
ランチには、炭酸飲料も飲んでいた。

水が飲めない彼女は、
ある日、背中に急性痙攣をおこし、
緊急救命室に運ばれる。

そこで、水を2杯飲むと、
背中の痛みが少し和らいだので、
それから、水を飲みはじめた。

以来、背中の痛みは感じなくなった。


起床時に感じる関節のこわばりは、
脱水症状を示す重要なサイン。

背中や腰で起こる変性疾患
(関節炎など)は、
脱水症状によって悪化する。

背中だけに限らず、
筋肉の痙攣は、どの部位でも
脱水症状が原因の1つ。

痙攣がはじまったら、
すぐに1リットルの水を
飲んでみるといい。

すぐにはじめられる
身体の為のケア。

できれば、水は、
水道にフィルターを取り付けて
フッ素や塩素を取り除いた水が
おすすめです。

その際、ビタミン・ミネラルを
総合的に摂取できる
サプリメントも大切。

水を飲んで変化を感じたら教えてください。

職場では「お疲れ様~」の替わりに
「水、飲んでる?」
なんて掛声どうでしょう。(^-^)


参考文献:「関節痛・リウマチは完治する」
 医博 D・ブラウンスタイン著 中央アート出版



    ●●● オステオパシー整体院「Harmony」●●●
・・・優しい原因追究型のオリジナルアプローチで身体スッキリ!・・・
<<<肩こり・頭痛・腰痛・内臓・リンパ・頭蓋・血行促進etc>>>
「池袋」東口(22)出口より徒歩5分…イケフクロウ像がある出口です。
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-3池袋シティハイツ1101
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/オステオパシーセラピスト:神永~kaminaga~

d0063290_15385211.jpg
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
[PR]
Commented by 藤太 at 2009-09-05 17:24 x
昼寝の後に、いつもからだが痛かった理由を知ることができました
ありがとうございます

別件でかかった医師から「リウマチの可能性もある」といわれたこともあったんですが、この記事にあるリウマチ患者の女性のような、コーヒー漬けで水分摂取量の少ない生活を送っておりました
飲みすぎと、水分の摂取に注意しようと思います

ありがとうございました
Commented by jomaoc at 2009-09-06 01:07
水分の摂取は大切ですよね。
マルチビタミンやミネラルも摂取してみてください。
他にも、よい情報があったらまた、ブログにアップしますね。(^-^)
(ちょっと最近、ブログ書いていなかったのですけど、、、)
by jomaoc | 2009-07-10 22:36 | 健康 | Comments(2)

体と心を癒す極楽手技セラピー。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30