人気ブログランキング |

妖怪達の夏祭り。

6月、梅雨の季節。

でも、梅雨宣言がでてからというものの
逆に、雨降りの日が少なくなったかも。

6月は、ホタルの季節でもある。

雨降りの季節に、
雨の降らない夜にだけ
ホタルは光る。





先日、ホタル観賞に行って来ました。

ホタルは、小さな綺麗な川に住む。
町の片隅にひっそりと、
チャラチャラと可愛い水音をたてる
そんな川がホタルの好み。

その町では、手書きで「ほたる」
と書いた大きな看板を立てかけて、
提灯を吊るしている。
でも、ホタルの灯かりを邪魔しないよう、
提灯の明りは消して、街灯も通りのみ。

通りから、小川沿いの道へ入ると、
そこは、3mも先が見えないような闇。

恐る恐るゆっくりと歩みを進めると、
チラホラと遠慮がちな
ホタルの光が見えてくる。

光ったと思うと消え、
あっちにいたかと思うと、こっちで光る。
ファジーなゆらぐようなヒカリ。

川のせせらぎと、水のにおい。
風に吹かれる木々や草の音。
耳の近くで聞こえるカエルの合唱。
ホタルを追いかける足音。

闇の中では、五感が冴えてくる。


気がつくと、辺りには結構、人がいた。
暗くてお互いの顔も見えないけど、
楽しそうにコソコソ笑ったり、
ホタルに見入っていたり、
子どもがいたり、おばあちゃんがいたり。

人がいるのに、真っ暗で、
真っ暗だけど、楽しげで
その雰囲気が妙にワクワクさせる。
なんだか、妖怪達の夏祭りみたい。


向こうから、一つ目小僧が来て、
後ろにいるのは、一本足の傘のお化け。
妖怪達に囲まれている私は、
人間だとバレないように、息をひそめる。

そんな思いつきが可笑しくて、
ひとりクスクス笑う。


真っ暗な妖怪祭りを楽しんだ後、
今度は、地元の人しか知らない、
穴場中の穴場にも足を延ばしてみる。

そこは、もっと山奥に入って
更に、砂利道に入っていく寂しい道。
さっきの陽気さは消えて、
怖いとさえ感じる
幽霊が出そうな暗い道。

遠くに1つだけある街灯も寂しげで、
離れてしまえば、懐中電灯がなければ
歩けないと思うほどの暗さと人気のなさ。

勇気を出して、川の音を頼りに
歩いていく。
気がつくと、すでに橋の上に立っている。
橋は、手すりもなく、
ますます恐怖がつのる。


その場から少し遠くを見ると、
ホタルに気づく。

チラホラっていう感じじゃない、
100匹を越えるホタルが乱舞する。
人生初のホタルの大群。


すごい光景に、息がとまり、
感動で背中がゾクッとする。


その場に立ち尽くし、
乱舞するホタルを味わいつくそうと
五感を研ぎ澄ましていると、
身体の中がぐるぐるとまわりだし、
目まいがしてくる。

街灯が届かない闇の中では、
自分の手もよく見えなくて、
少しずつ身体が闇に溶けていく。

闇に溶けだした私は、
川の音や虫の音、ホタルの光、
そこにある空気、
その全てが自分になる。

この感覚こそが、
ほんとうなのかもしれない。
私の意識は、
全てとつながっている。


いつもは、身体に閉じ込められた
意識が解放されて、真実に近づく。
ここは真っ暗な天国だから。


霧がでてきて、
周囲の視界がぼやけてくる。
そろそろ下界に帰ろうかな。

来年、また来ようっと。


みなさんは、ホタル、
見に行きましたか?


   ●● オステオパシー整体院「Harmony」●●
・・・Body・Mind・Spirit・Energy の統合と調和を目指します・・・
・・・肩こり・頭痛・腰痛・内臓・リンパ・頭蓋・血行促進などなど・・・
「池袋」東口(22)出口より徒歩5分…イケフクロウ像がある出口です。
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-3池袋シティハイツ1101
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/
オステオパシーセラピスト:神永~kaminaga~
by jomaoc | 2010-06-29 01:53 | ひとりごと | Comments(0)

体と心を癒す極楽手技セラピー。


by jomaoc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る