人気ブログランキング |

内臓の問題 その②~内臓は動いている…?!~

内臓についてのオステオパシーの見解、
それには、まず、
オステオパシーの内臓マニピュレーションの
創始者であるジャン・ピエール・バラル先生
の著書からでご説明します。





バラル先生は、健康な器官や内臓が
している生理運動について述べている。

この生理運動は、臓器を包む漿膜や、
臓器を他につなぐ筋膜、靭帯、間膜
などの相互依存運動で、

内臓の生理運動は、2つある。
1つは、「mobility:内臓可動力」で、
随意運動や呼吸時の横隔膜運動などの
外因作用に反応する動き。

もうひとつは、「motility:内臓自動力」
で、内臓自体が能動的に動く固有の動き。

西洋医学には「motility」のことは
あまり考えられていない。
何故なら、この内臓自身の動きは、
とても小さくてゆっくりとした、
ほとんどわからない程の小さい振幅だから。

科学的に解釈されたものではなく、
経験にのみ得られたもので、
これを感知するには、
熟練された触診能力を必要とする。

誰でもがすぐにわかる、
というものでもない。

オステオパシーでは、
それを感知するよう訓練をする。

オステオパスは、手の職人なのだ。

最初の頃は、皮膚の上から内臓がある
と思われる場所に手を置いても、
「う~ん、、、動いているのかなぁ、、、?」
とこんな具合。

でも、段々と手が訓練されてくると、
バラル先生の言っている
ベールに包まれていた
内臓のmotilityの世界が見えてくる。

例えば、調子が悪く下垂気味の腎臓を
正しい位置まで持ち上げる時。

冷たい深海に沈んだ冷たい腎臓を、
ぐーっと押し上げていくと、

潜水艦が水面に表れる時のように、
ブワッと浮力が働いて、腎臓は
本来の定位置に納まる。

そして、軽快なリズムを刻みだす。
何回かその動きについていくと、
最初は冷たかった腎臓が、
温かくなってくる。

それと同時に、
腎臓周囲の胸郭や付随する膜や靭帯が、
解放され、柔らかく広がり
腎臓を含めた周囲の動きが
ハーモナイズされる。

そこにエネルギーが滞っていた場合には、
火山の噴火のように、
不要なエメルギーが噴き出してくる。
私はそれを手の痛みとして感じる。

不要なエネルギーの除去は、
クリスタルや様々なエッセンスを
使ったりと、色んな方法があるけれど、
構造や機能の問題を取り、
motilityが回復することでも除去できる。

根深い問題が解放される時、
声がでることが多い。
無意識に「うーっ!」とうなったりする。

その自分の声に驚いて、
途中で声を出すのを止めたりする人も
いるけれど、本当は、恥ずかしからずに
声を出し切ってくれると、
より深い解放の手助けとなってくれる。

人により、深い眠りの状態になっていて、
声を出したことさえ、覚えていない。

その度に私はこう伝える。
「今、すごくいい解放がおきましたよ!」

そう伝えると、声を出してしまった
という気まずさが、
喜びのフィーリングに変わるのだ。


人は、エモーショナルな問題を
内臓にため込んだりすることが多い。

だから、こんな風に
内臓の問題に取り組むと、
構造だけでなく、
エネルギーやエモーショナルな
解放もしやすくなる。


まさに、オステオパシー哲学のひとつ、
Body + Mind + Sprit、
そして私はもうひとつ + Energy
の統合と調和に近づける。


長くなってしまったので、
続きはまた、次回。


次回は、
内臓の問題
その③~内臓は制限を受けてはいけない~
です。

お楽しみに(^-^)/


●● オステオパシー整体院「Harmony」●●
・・・Body・Mind・Spirit・Energy の統合と調和を目指します・・・
・・・肩こり・頭痛・腰痛・内臓・リンパ・頭蓋・血行促進などなど・・・
「池袋」東口(22)出口より徒歩5分…イケフクロウ像がある出口です。
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-3池袋シティハイツ1101
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/
オステオパシーセラピスト:神永~kaminaga~
by jomaoc | 2010-09-13 23:19 | 臨床memo | Comments(0)

体と心を癒す極楽手技セラピー。


by jomaoc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る