人気ブログランキング |

「小児に対するオステオパシー」を受講してきました。

先日、神戸にてPhilippe Druelle D.O.の
「小児に対するオステオパシー
(一部婦人科・産科も含む)」
セミナーを受講してきました。





前回の小児・婦人科セミナーでは、
子宮や卵巣に対するテクニックなどを
やりましたが、今回は、出産前の母と胎児
に対するオステオパシーでのケア、
新生児のオステオパシー評価、
問題を持った子ども達へのオステオパシー
アプローチなど、出産・小児に、
より重点を絞った内容となっていました。

そして毎日行われるPhilippe Druelle D.O.の
デモンストレーション。

子宮内でストレインの影響から、歩行や発語の
問題を持ってしまった双子の姉妹への治療は、
特に印象的だった。

歩行ができずに父親に抱えられて
連れてこられた女の子は、
本当に可愛らしくて、会場にいる受講生
誰もが彼女の力になりたいと思った。

デュレル先生が何度も繰り返していた
ファーストステップは、
子どもへのコンタクトの重要性。

言葉の通り、彼は心をオープンにして
子どもの目をみつめ、語りかけ、
その子の輝く本質を見出していた。

その愛あふれるコンタクトは、
胸をうつものだった。
受講生の中には、見ているだけで
涙がでそうになった人もいたそうだ。

そして、デュレル先生の優しいタッチで、
問題点が次々と見つけられ、
治療されていく。

頭蓋の問題、骨内病変、硬膜の問題、、、。

大きなアクションはないが、
確実に問題点が調整されていく。


治療が終わるころには、
女の子の身体の不活性だった部位が
動き出し、生命エネルギーのスイッチ
が入ったせいだろうか、女の子は、
ベッドに寝ているだけなのに、
汗をたくさんかいていた。


翌日、母親からメールがあり、
治療後、女の子の発語が双子のお姉さんと
間違われるくらいはっきりとしたものに
変化したことに気がついたそうだ。

それだけではなく、緩慢だった行動も、
動きが機敏になり、その子自身も
目が良く見えるとママへ伝えたそうだ。


母親は、オステオパシーを全然知ら
ないけれど、娘に良い事がおこり、
明るい希望がみえてきたと伝えてきた。

両親とその子の
胸のときめきが伝わってくる。


こんな素晴らしい現場を目の前で
みることができたこと。
治って欲しいという気持ちで治療に
参加できたこと。
デュレル先生の積み上げてきたものの素晴らしさ。
そして、オステオパシーの可能性。

多くのことへの感動が、会場を包む。


ムクムクとアツい思いが心の中で
わき起こり、全身へ広がる。

私も、デュレル先生のような
素晴らしいオステオパシーをしたい。

2010年、2011年、
そしていつか人生が終わる時まで、
オステオパシーで、
多くの貢献ができることを祈って、
明日からまたひとつずつ
積み重ねて行こうと思います。

そろそろ2010年も終わりに近づいていますが、
これからも、どうぞ、宜しくお願いします。(^-^)


   ●● オステオパシー整体院「Harmony」●●
・・・Body・Mind・Spirit・Energy の統合と調和を目指します・・・
・・・肩こり・頭痛・腰痛・内臓・リンパ・頭蓋・血行促進などなど・・・
「池袋」東口(22)出口より徒歩5分…イケフクロウ像がある出口です。
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-3池袋シティハイツ1101
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/
オステオパシーセラピスト:神永~kaminaga~
by jomaoc | 2010-11-27 23:40 | 臨床memo | Comments(0)

体と心を癒す極楽手技セラピー。


by jomaoc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る