神戸でのセミナー「Anthony.G.Chaila D.O,F.A.A.O」

神戸でのセミナーは、アメリカ オハイオ・オステオパシー医科大学で教鞭をとって
いる Anthony.G.Chaila D.O,F.A.A.O 先生による講義でした。
今回は、アメリカのクラニアルアカデミーでのベーシックコースと同じ内容を教えて
いただきました。

Anthony.G.Chaila D.O,F.A.A.Oは、全米のオステオパシー界の中では知らない
人はいないほどの、伝統を受け継いだ素晴らしい技術をもっているドクターの一人です。
Chaila D.O,F.A.A.Oの、15分くらいで全身の筋膜の歪みをとってしまう鋭い感覚と
技術には、ほんとうに感嘆しました。私がやったら1時間はかかる内容です。



今回のテーマは「頭蓋仙骨、及び筋膜・靭帯の診断及び治療について」でした。
Chaila D.O,F.A.A.Oは、筋膜に関して
①筋膜は病気の原因を探す場所であり、治療を始めるべき場所である。
②私は狩猟場として、筋膜に匹敵するほどの体内部位を他に知らない。
  ・・・・(割愛)・・・筋膜は体内の全筋肉、脈、神経と臓器を取り囲んでおり、
  神経細胞のネットワークを構築している。
  すなわち筋膜は、体液の流れ、神経、組織が交差している。
  この作用で私たちは生存しており、これが不全となれば私たちは死ぬ。

、、、といっている。それほど筋膜に注目しており、筋膜を中心に全身を診断します。
治療も筋膜からアプローチしリリースすることで、構造的変化を与えていくものでした。
今まで全身における筋膜の診断というものをしていなかったので、とても参考になりました。
また治療がとてもシンプルなのに驚き、またそれで充分だということもわかりました。

筋膜を診断する時の柔らかなタッチ、筋膜がリリースされる伸びるような感覚がわかり、
早速、帰ってきてから診断と治療に取り入れました。
筋膜を通して全身をみると、創始者のスティルがいった「身体は一つのユニットである」
という言葉がより、実感できます。

今回のセミナーは、新技術を習得と新たな診断の着眼点を得ることのできた有意義なもの
になりました。
[PR]
Commented by えみ at 2005-07-24 17:42 x
お帰りなさい。頭蓋仙骨療法、楽しみにしています。
ところで昨日の地震は大丈夫でしたか?私は3時に四ツ谷に出かける予定だったのですが、なぜか気乗りがせず取りやめました。出かけてたら電車が止まって大変なことになってました。友人は総武線に5時間閉じ込められたとか。直感、侮れないですね! 
では、木曜日、よろしくお願いします。
Commented by jomaoc at 2005-07-26 00:15 x
えみさん、さすがの直感ですね!その日は、セミナーがあって飯田橋にいっていたので、帰りは長い時間、足止めされてしまいました。あの階は8階なので、たぶん地上よりもっと揺れた気がします。このまま大地震になるんじゃないかと思ったくらいでした。えみさんくらいの直感があれば、危険は回避できますね。
頭蓋仙骨セラピー、ようやくデビューです。内容は都度変わっていくと思いますが、よりよいセラピー目指して奮闘中です。
by jomaoc | 2005-07-22 12:05 | セミナー | Comments(2)

体と心を癒す極楽手技セラピー。


by jomaoc
プロフィールを見る
画像一覧