人気ブログランキング |

仲秋の名月。

9/12は、仲秋の名月でしたね。

みなさんは、9/12、
お月さまをみましたか?




「仲秋の名月」は旧暦8月15日の月の
ことで、7月を初秋、8月を仲秋、
9月を晩秋と呼んだことから、

旧暦8月の十五夜月を
仲秋の名月として、
月下にすすきを飾り、
神酒や月見団子などをお供えし、
月を眺めて
楽しんだと言われています。

1年に満月は12回もあるのに、
仲秋の名月を最も美しい月として
鑑賞するのは、
秋は、夏や春より空気が乾燥し、
月が鮮明に見えるから。

冬の月も美しいけれど、
寒空の下、月を眺めるより、
虫の音が響き、夜の風が心地よい
秋の満月が名月として
もてはやされたようです。

また昔は、月の満ち欠けで農事を
行っていたこともあり、
十五夜の満月の夜は、祭の行われる
大切な節目でもあったようです。



私は夜空が大好き。
たくさんの小さく輝く星や、
様々に姿を変える月を眺めて、
宇宙の美しさに思いを馳せる。

月は、じっとみつめても、
太陽のように目を痛めることもなく、
私の視線を受け入れてくれる。

月光は優しく、そして強く、
神秘的な光を放つ。

月光で、白く照らされる光景は、
昼間には見当たらなかった
秘密の扉が開き、
不思議な世界へと誘ってくれる。


そして満月の楽しみのひとつは、味見。

9/12の月は、銀色に輝く月でした。
そして、一昨日、昨日と日が経つにつれて、
満月は、大きくオレンジ色に熟れていき、
口に含めば、完熟フルーツのような
甘い果汁が ジュっとでてきそうな
美味しそうな月へと変化します。


はじめの満月は、まるでカリッと
焼き上げた塩味のような月。
それが、日が経つと、
甘い果実のように熟れてくる。

今日の満月は、美味しそうだと
思いながら、夜道を歩くのは、
結構、楽しい。


そして、そんな風に月が変化するのは、
月は地球の周りを、楕円軌道で
回っていて、月と地球の距離が
変わるから。

月と地球の間にある大気の層が
月の光を遮ります。
たくさんの大気の層は、
光の通過をを邪魔するのですが、
長い波長の赤は遠くまで届くので、
オレンジ色の月に見えるそうです。

朝日や夕日も、オレンジ色ですね。
自然は、美しさを表現する為の
色んな仕掛けを持っているのです。
やっぱり自然って、すごい。


ここのところ、虫の音も真っ盛り。
虫の音の大合唱って、不思議と
うるさくなくて、逆に夜の静けさを
感じたりする。
音を出すことで、静かさが増すって
表現方法があるんですね。

月明かりが差し込む窓辺で、
夜風に吹かれながら、
虫の音に身を任せて眠る時、

いつしか月夜の草原の中で眠る夢へ
と誘われる。

「あ~、気持ちいい。」

耳元で、草が風に揺られて
サラサラと音をたてる。

月光が、じんわりと肌にしみ込んできて、
目を開けると、降るような星が夜空をおおい、
地面と空の境目もわからなくなる。

近くでそして遠くで、
ささやくように響く虫の音に、
もう自分自身の境目も分からなくなってしまう頃、
深い眠りにおちていく、、、。


今夜の月夜も楽しみです。


    ●●● オステオパシー整体院「Harmony」●●●
・・・優しい原因追究型のオリジナルアプローチで身体スッキリ!・・・
<<<肩こり・頭痛・腰痛・内臓・リンパ・頭蓋・血行促進etc>>>
「池袋」東口(22)出口より徒歩5分…イケフクロウ像がある出口です。
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-3池袋シティハイツ1101
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/
オステオパシーセラピスト:神永~kaminaga~
by jomaoc | 2011-09-15 00:05 | ひとりごと | Comments(0)

体と心を癒す極楽手技セラピー。


by jomaoc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る