人気ブログランキング |

ピアニスト

先日、とっても繊細なピアニストを施術しました。
身体の感覚も鋭くて、彼女から色んなことを教わりました。
彼女は、日々、たくさんの時間、ピアノのレッスンをするので、
腕や肩、首に疲労が溜まります。
とってもデリケートな彼女の首を、優しく柔らかく施術していると、
「今、通ってますよね。」と話しかけられました。



最初、「?」って思ったんですが、よーく手先に集中すると
筋肉か筋膜に電流が流れるような感覚。
「じわーっ」と暖かいものが流れていきます。

確かに「何かが通ってる!」
今までこんな微細な間隔にあまり注意をはらったことがありませんでした。

そして彼女が翌日、肘を痛めてきました。
強く握手され、手を振られたら肘まで痛みが走ったそうです。
(みなさん、ピアニストの人との握手は控えてあげてくださいね。)
肘の変位をとるときも、ほんとに少しの動きを加えるだけです。

「うるさいくらいの音ですよね?!」
「えっ、何!?何の音?」とわからずドキドキしました。

でも翌日、彼女の肘を施術していると、添えている手を通して、
「バキッ!ボキッ!」というすごい振動が伝わってくるんです。

これが彼女のいう「うるさいくらいの音」です。
この反応がはじまった時、お互いの目が合いました。
彼女の目は「これでわかったでしょう?」っていっているようです。

彼女から、とっても繊細な組織の感覚を教わりました。
こうゆうのっていうのは、教えてもらわないとわからない感覚でした。
おかげで感覚の幅が広がった気がします。
クライアントから教えてもらうことって、ほんとに多いですね。
いつも感謝してます。
by jomaoc | 2005-11-02 16:36 | 臨床memo | Comments(0)

体と心を癒す極楽手技セラピー。


by jomaoc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る