異種同士は、心の壁を越えやすい。

今年の2月に、お家にきた
マメルリハの女の子のリコ。

はじめは、すごく怖がりで、
私のネックウォーマーの中で
ピッタリと首にくっついて、
ビクビクしていましたが、

私のお家が安全で、
私が味方だとわかると、
お兄ちゃんのモニーを
追いかけまわしたりする
きかん坊に豹変。





ゲージから出してあげると、
嬉しくてはしゃぎまくり、
コーフンが高まる一方なので、

時折、手の中に抱きしめながら、
ヨシヨシと撫でて落ち着かせます。
この無邪気に暴走する感じは、
まるで、幼稚園児のよう。


そんなリコも、大人の羽に
生え変わり、そろそろようやく、
若鳥です。

少し落ち着いてきたかなぁ、、、
と思うのですが、まだまだ大変。

私が手にするもの全てが
気になるみたいで、必ず
ちょっかいを出しにきます。
日々、色んなものを噛まれて
ボロボロにされてます。

だけど、いつも退屈してるだろうし、
色んなことに興味があるのは、
精神が成長している証なので、
できるだけリコを遊ばせます。

私がナッツを食べると、
もちろん、リコも欲しがります。
リコの3倍くらい丈のある瓶の
中に、にゅーっと身体を伸ばして、
ナッツを略奪!
d0063290_23104577.jpg


















とっても小さい体なのに、
こんなに伸びしろあったの?(笑)




















ナッツどろぼうです。(笑)
d0063290_23105261.jpg





















瓶を傾けてナッツを取ろうとすると、
手の隙間からリコもナッツを
取ろうとします。
警戒心、ゼロです。(笑)

そんなリコが、可愛くて
仕方ありません。


私が同じトリではないことは、
気が付いていると思うけど、
こんなにも心を開いて
信頼してくれるリコに、感動してます。

人間は、似ている者同士は、
理解しやすくて争いも少ないけど、
人種が違ったり、国が違ったりすると、
理解しあえなくて、
争ったり戦ったりしやすい。

もしかしたら、異種の方が、
心を開きやすいのかな?
それも思いっきり違うほど、
心の壁を越えやすいのかも。


それは固定概念や既成概念が
及ばない相手だから、
ジャッジしなくなる
のかもしれません。

相手を思い遣りながら、
無意識に自分の固定概念で、
相手をジャッジしないように
することは、

心の壁を越えて、
深い信頼関係や愛に到達する方法
なのだと思いました。

大切な真理を体感しました。
小さなグリーンのリコが
教えてくれました。(^_^)



●●● オステオパシー整体院「Harmony●●●
<<優しい原因追究型のオリジナルアプローチで身体スッキリ>>
「池袋」東口(22)出口より徒歩4分…PARCO側出口です。
〒170-0013東京都豊島区東池袋1-36-7
アルテール池袋409号室
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/

セラピスト:神 永 D.O.
欧州基準 仏政府認定オステオパシー最高資格
Diplome d’Osteopathe取得済
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.



[PR]
by jomaoc | 2018-09-12 23:15 | 宇宙のしくみ | Comments(0)

体と心を癒す極楽手技セラピー。


by jomaoc
プロフィールを見る
画像一覧