人気ブログランキング |

背中の痛み。

「ぎっくり背中になっちゃって、息をするのも苦しかったんです。」

そんな訴えからはじまった。
「2日間くらい寝込んでました。今はようやく大丈夫ですが、
なんだか身体がボロボロな感じです。」

・・・ぎっくり背中・・・

あんまり聞きなれない言葉。
だけど、突然、モウレツに痛くなったなら、
ギックリって言葉、つけたくなりますよねぇ。





「どの辺が痛かったんですか?」

左の肩甲骨の内側あたり。
よく見ると、まだ名残りがある。
きっとちょっとしたキッカケで また痛くなる状態。

「どこが悪さをしているんだか、、、。」

順ぐりたどっていくと、どうも右の腎臓が下垂して
引っ張っているらしい。

「じゃあ、その腎臓をひっぱるものは?」

さらに追っていくと、右の股関節。
それから、足の皮膚をたどっていき、
ようやくたどりついたのが、足首の関節。

「また足ですか、、、。」

最近、気がついたのだけど、
悪くなる大本の原因は、結構、足なんかが多い。

「何故、足なのか、、、?」
おそらく外圧がかかりやすいところだから、、、かな。

歩くということは、足を地面に着地させる。
逆にいうと、地面が足にあたっている状態。

ちゃんとした足の構造を保っていれば、
歩行による地面からの衝撃は、和らげられ
うまく分散されて伝わる。

だけど、足の構造に問題がある場合は、
地面からの衝撃がうまく吸収できず、
その外圧は、身体のどこかへダメージを与える。

そんなことから、問題がはじまっていく。

「じゃあ、足の関節が何故、ずれてしまうのか?」

足の力がかかるラインをみて、他の関節の状態なんかを
チェックすると、明らかな右加重傾向があることがわかる。
確認のために、チェックしてみても、この時点でも右加重。

更に、上の方の背骨がずれている。
検査してみると、胆のうからの影響の可能性が高い。

だから考えられる原因は、簡単にいうと、
長時間の右加重により、足の関節がずれ、その影響で、
右の腎臓が下垂し、背中の骨をずれさせた。
更に胆のうからの背骨の引っ張りにより、反対側の
左の背中に、より痛みが出やすい状態になってしまった。

ほーんと、身体って、縦横無尽に影響しあう。
全部がつなっている。
そのつながり合いに感心してしまうほど。

調整は、右の足の関節のズレから、はじまって、
腎臓、筋膜へと治していく。
原因さえわかれば、調整には、
そんなに時間がかからない。

腎臓を矯正している時点で、身体の中の血流が、
ザザザーっと流れ出しているのを感じる。
身体がふわーっとふくらみだす。

「違いがわかりますか?」
痛みはなかったかもしれないけど、
制限がとれた状態は、すぐに自覚できるハズ。

「わかります!あぁ、楽になりました!」
「息も吸いやすくなりました!」

喜びの瞬間。
身体が解放される時って、ほんとに喜びの時。
お互いが、とっても嬉しい(*^-^*)

痛みがあるところには、問題がある。
問題があるところには、原因がある。
原因があるところには、理由がある。

私は、そう考える。

いつも、「それは どうして?」の繰り返し。
1歩でも原因へと近づくために。

これが私の施術のモットー。

あなたを悩ましていること、
治らないと、あきらめていることがあれば、
来てみてください。

一緒に最初のきっかけとなった原因を探し出しましょう。

●● オステオパシー整体院「Harmony」●●
・・・Body・Mind・Spirit・Energy の統合と調和を目指します・・・
「池袋」東口(22)出口より徒歩5分…イケフクロウ像がある出口です。
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-3池袋シティハイツ1101
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy_harmony@yahoo.co.jp
URL:http://osteopathy-harmony.com/
by jomaoc | 2008-09-09 02:39 | 臨床memo | Comments(0)

体と心を癒す極楽手技セラピー。


by jomaoc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る