人気ブログランキング |

婦人科系の問題。

最近、婦人科系に力を入れている。

日単位で、マイブームの個所が変わるのだけど、
婦人科系は、ここのとこ、ずっとブーム中。

昨年、デュレル先生の「小児科・産科・婦人科セミナー」
を受講して以来、より力を入れるようになった。
デュレル先生の講義により、多くの機能・構造がわかり、
それを改善させるテクニックも、
私に たくさんのヒントを与えてくれた。

あれ以来、より発展させ、より効果的な
オリジナルテクニックを開発している。





子宮、卵巣とも、構造に問題が生じることが多い。
構造が正常な位置にない時は、たいていは、
正常な位置に保てない原因がある。
その問題の原因も、だいぶわかってきたような気がする。

構造に問題がおこれば、もちろん、
循環系も障害される。

循環 ……それは、動脈、静脈やリンパなど。
これは、思っている以上に、大切な要素だ。
血液が正常に流れなければ、そこの組織の栄養供給が
されず、また不要物の排除もできない。
血液は、ホルモン伝達の通路でもあるのだから。
ホルモンも正常に機能しない。

オステオパシー創始者のスティルも、
彼の著書の中で、血液の重要性を何度も
繰り返し述べている。
特に、動脈と静脈が正常に機能できないことで
腫瘍ができてしまうと述べている。

婦人科系でいえば、子宮筋腫が、
スティルのいう例にあてはまるのかもしれない。
子宮筋腫ができるということは、
子宮への動脈、静脈、リンパの正常な循環が
どこかで障害されている可能性が高い。

この点を考慮し、そして、子宮、卵巣とは
離れた別のエリアでも、そこに影響を与える
障害を改善させることで、婦人科系エリアに
循環を促し、子宮筋腫にいい影響を与えることができる。

そのよい例として、最近、検診を受けた女性の方で、
以前あった、子宮筋腫がなくなった方がいます。
別の方で、7cmもの筋腫が4~5cmにまで縮小した方もいます。

もちろん、食事に気をつけたり、運動をしたりといった
本人の努力もありの結果です。

生理的な循環が障害されることで、
身体は、不要物をため込むことになる。
ここでもう一度、スティルの言葉を抜粋。

-------------------------------------------------
もしも血液が腺や器官に運ばれず、不要物が取り去られないのならば、
それは堆積しかさばり、神経を止め、部分的な麻庫を起こす。

そして、栄養の神経が腫瘍を作り続けるので、
その後は、死ぬときまで、ただメスで取り去ることが続く。

もしも、量の多い少ないにかかわらず血液がそこに運ばれていたら、
腫瘍はそこには決してないものであった。
もしも血液が単純にその仕事を成し遂げ、通り過ぎて行ったならば、
我々はそんな異常な存在を、発展させることは なかっただろう。

もしも腫れが片側に表われ、そしてもう一方の側にはないとしたら、
なぜ腫瘍は、一方にあり、もう一方には無いのだろうか?
血管が血液を受け取らず、運びもしない状態は、
自然の現象として腫瘍ができるのである。

---------------------------------------------------

スティルは、身体の真実を見抜く天才だ。
スティルの言葉は、どんな時にも、
多くのヒントを与えてくれる。

婦人科系も、まだまだ多くを発見ができそうです。
もちろん、他のエリアの施術も、進化中。

2009年は、より多くの発見ができそうです。

●● オステオパシー整体院「Harmony」●●
・・・Body・Mind・Spirit・Energy の統合と調和を目指します・・・
「池袋」東口(22)出口より徒歩5分…イケフクロウ像がある出口です。
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-3池袋シティハイツ1101
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/
by jomaoc | 2009-01-24 01:31 | 臨床memo | Comments(0)

体と心を癒す極楽手技セラピー。


by jomaoc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る